注文住宅で失敗をしてしまい、ほんとうに損をした気分です

じぶんは現在でありますが32歳の男性会社員をおこなっております。

じぶんは24歳のときに美容師の専門学校を卒業させていただき、スーパー銭湯の施設内にある理容店で仕事をさせていただいておりました。

じぶんの夢としては、独立をして自分の店をもつとことでありました。

それで去年からその夢を実現させるために、土地を購入して注文住宅で新築を立てることにしたのです。

業者の方としっかりと打ち合わせなどを行い、じぶんの理想の店などもしっかりとデザインを行い、それを元に、一緒に設計を考えました。

ですが、そのときに問題が発生をしてしまったのです。

先月のことでありますが、実際に家も完成をしたのですが、理容椅子を運搬するときにそれが入らなくなってしまいました。

土地が狭いので、三階建ての注文住宅になったのですが、狭い廊下となってしまい、運搬ができませんでした。

それで止むを得ず、椅子のスペックを下げ、小型のものにしたのです。

それで廊下を運搬させることができました。

はじめてじぶんの店をもつということであったので、いろいろとハイクォリティーにしたかったのですが、ほんとうに不完全燃焼のような気分です。

今後は気をつけたいと思っております。

あわせて読むとおすすめ⇒https://花見川区注文住宅.com/